愛だよ、愛。

twitter:@twi_ishi

follow us in feedly

Workflowy いい。

f:id:isinomaki:20150620190520j:plain

workflowy.com


最近使い始めたんですけど、こちら大変便利なアウトライナーです。
・WEBベース
・ほぼショートカットキーで使える
・PC間、iPhoneAndroidでシームレスに使える
・見てもらえばわかるけど、非常にシンプルで飽きのこないつくりこみ
・1ペイン型のアウトライナー(ファイルとかフォルダみたいな概念がない)
・タグ付け #とか@とかが非常に簡単
・お気に入りで管理が簡単
・日付管理まではいかないものの、タスク管理もできる(完了したら線を引くとか)

などなどできます。非常に便利です。

招待を受けて登録すると、無料で使えるトピックの数が250→500に変わるので、
こちらから、

https://workflowy.com/invite/2e5216f8.lnx

登録をしてみてください。ほんと便利ですよ。

さびしいから。

今週のお題「私がブログを始めたきっかけ」

学歴フィルターを恨むなら


【再掲】日本の選挙制度に提案 -世代ごとの傾斜投票制度-

ishinomaki.hatenablog.com

大阪都構想住民投票が終わり、反対多数で否決されました。

またですよ。反対多数の要因をひとくくりにはおそらくできないかと思いますが、
その要因の1つとして世代間投票数があると思います。

↑は以前に書いたエントリーですが、改めて、世代ごとの傾斜投票制を考えてはどうかと思うのです。

 

何が民意なのか、もはやわかりません。

トラブル対応雑感


東京って、自分が腰を落ち着けたいコミュニティを探すのが難しい。

 

東京と、地方での仕事を経験したことがある身からすると、
東京は、地方よりも、タイトルのようなコミュニティを探すのが難しい。

こういう言い方はあれかもしれないが、
コミュニティにもメインストリームなコミュニティもあれば、
そうじゃない(メインなのかそうじゃないのかの価値観は人それぞれ)コミュニティも
あるわけです。そんな時、地方の方が、メインストリームな雰囲気のコミュニティは
比較的すぐに見つけることができるような気がする。
しかしながら、東京では、そういうコミュニティを探すのはほんと難しい。

というのも、様々なジャンルのメインストリームなコミュニティが
たくさん存在しているために、どこに手を付けたらいいのかが逆にわかりにくくなる。

結果、どこのコミュニティにも属さないで日々を過ごしている期間が増えているなぁ、
と実感している。

地方の方が、規模が小さい分、ここにいけば様々なジャンルに関する情報が集まって、
そこから派生して、小さいコミュニティにも入りやすくなるものだけど、
東京だと、そもそものコミュニティのジャンルが詳細になりすぎて、
なかなか様々な情報が入りにくくなっているなぁという印象。

むむむむむぅ。

GW 2015 が終わります。

f:id:isinomaki:20150505151040j:plain

今週のお題ゴールデンウィーク2015」

ゴールデンウィークとか、お盆とか、年末年始とか、実家に帰るわけですが、

やっぱり、することってないんですよね。あんまり。

 

地元の友だちと遊んだらええやんって言われることもあるんですが、

特に仲のいいやつらはむしろ地元から東京に出ていたりして、

地元に帰るとむしろいないみたいな。

正月とかには地元の友だちに40人くらい集まってもらって新年会をしたりするんだけど

それ以上の関係でもなかったり。

 

で、親のことが心配で、むしろ親と一緒に過ごす時間に充てようとするから、

友達との接点を持とうとするモチベーションもそこまで上がらなかったり。

親戚の叔父叔母に会ったり、いとことその子どもたちと戯れたりなんかはするんだけど。

 

で、じゃあ地元のどこかいい旅館に泊まったりとかしようか、というと、

今度はお金がそこまでないのでそこまででもない。

 

別にのんびりとすごせばいいやんって言われることもあるんですが、

そうなると孤独感に苛まれてちょっと苦しくなっちゃうので、何かと繋がっていたい。

 

そんなこんなで結局Twitterとか、ブログのアクセス頻度、更新頻度が高めになって、

「世間との接点」とかいうやつを持とうとする。そんなゴールデンウィーク

おそらく、実家に帰省している時ってそんな感じなんだよな。

 

だからこそ、こうやってブログで発信したりTwitterで発信したりするときに

誰かがスターを付けてくれるとか、誰かがはてブを付けてくれるなんていうことが、

「リアクション」=自分が世間に存在していることの証明 みたいな形として

自己認識できるから、それでちょっと心ほっこりしたりする。

 

仕事をしているときは、もう、自分の介在価値を最大限発揮すべく、

全力でその時間を過ごし、会社や外に何らかの「変化感」を感じることができるけど、

仕事からちょっとでも抜けてしまうと、そうはいかないもんで。

 

仕事がちょっと億劫だったりもするのだけど、

仕事のおかげで自分の存在を自分が感じることができていることを再認識できるのは

ゴールデンウィークを始めとする長期休暇のおかげ。

 

だからこそ、また、仕事が頑張れると思う。

長期休暇は自分にとって生産的な時間だったかというと決してそういう時間ではないし

一方で生産的な時間を過ごすことが唯一解かというとそうでもないこともわかってる。

 

読んでくれたら、なんかもやもやしている文章だな、って印象を持つかもしれない。

でも、実際、心の中はもやもやしてるのです。

 

ゴールデンウィーク(長期休暇)ってそんな存在。

結局そうやって、休み明け、何事もなかったかのように、仕事に入り浸るのです。

「情報は発信するところに集まってくる」

 

知っていることを他人にシェアしたほうがいい本当の理由 | ライフハッカー[日本版]

「情報は発信するところに集まってくる」という言葉を就職活動中の自分に残してくれた社会人の人には感謝している。発信者にとって励みになるエントリー。

2015/05/05 13:16

 
知っていることを他人にシェアすることに関しては、

  • どうせわかってることだよなぁ
    とか、
  • こんなんシェアしても仕方ないよなぁ

なんて、思ったりするのだけど、たいていの場合は、そんなことない。

 

むしろ、それで「承認欲求満たしたいだけでしょ」とか「オナニーやんそれ」とか
いわれても、

 

だまれ。

 

と。そう思いながら、発信し続ければきっといいことがあるはずだ。

ということで、これからも発信していこう。

しょぼいことも、参考にならないこともあるだろうけど、それでも、ね。

年齢を重ねると、コミュニティが閉じてくる。

というタイトルを見て、同感な人と、違和感を感じる人が
きっといるのだと思うのだけど、どうでしょう。

それぞれの立場の人の意見を聞いてみたいなぁ。

さびしい欲求が爆発しそうなGWの帰省。

どうも最近コミュニティが閉じている。

いかんいかん。