読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛だよ、愛。

twitter:@twi_ishi

follow us in feedly

【今日が休日最後の見頃?】お花見に行って来ました。@六義園

 

お花見に行って来ました。

六義園(りくぎえん)です。

 

もしかすると、今日が休日最後の見頃になるかもしれません。

時間帯にも寄るのかもしれませんが、

昨日の夕方17時30分頃から約1時間ほど並んでようやく中に入ることができました。

 

六義園では、

「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」

というイベントが毎年行われているようで、

私は今回初めて参加してみました。

 

期間:2013年3月25日(金)〜4月7日(日)

時間:各日9時〜21時(ただし20時30分で入園は締め切り。期間中延長時間。)

入園料:一般300円 65歳以上150円

    ※小学生及び都内在住・在学の中学生は無料

 

Wikipedia情報によると

六義園は、徳川五代将軍徳川綱吉側用人柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。元禄8年 (1695) に加賀藩の旧下屋敷跡地を綱吉から拝領した柳沢は、約2万7千坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を現出させた。

六義園」の名称は、紀貫之が『古今和歌集』の序文に書いた「六義」(むくさ)という和歌の六つの基調を表す語に由来する[1]六義園は自らも和歌に造詣が深かった柳沢が、この「六義」を『古今和歌集』にある和歌が詠うままに庭園として再現しようとしたもので、その設計は柳沢本人によるものと伝えられている。

元禄15年 (1702) に庭園と下屋敷が一通り完成すると、以後将軍綱吉のお成りが頻繁に行われるようになる。その回数は記録されているものだけでも実に58回もあり、吉保の寵臣ぶりもさることながら、この庭園自体が当時にあっても天下一品のものと評価されていたことが窺える[2]

柳沢家は次の吉里の代に甲府から大和郡山転封となるが、六義園は柳沢家の下屋敷として幕末まで使用された。時代が下るにつれ徐々に荒れはしたものの、江戸を襲った度々の火災で類焼することもなく明治を迎えた。

明治の初年には三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎六義園を購入、維新後荒れたままになっていた庭園に整備が施され、このとき周囲が今日見る赤煉瓦の塀で囲まれた。その後は関東大震災による被害もほとんど受けず、昭和13年 (1938) には東京市に寄贈され、以後一般公開されるようになった(有料)。東京大空襲の被害を受けることもなく、造園時の面影を残したまま今日に生き延びた六義園は、昭和28年 (1953) に特別名勝に指定されている。(Wikipedia)

 

ということで、とても歴史のある庭園であることが分かります。

 

繰り返しますが、既に「散り始め」なので、今日が休日最後の見どころとなりそうです。