読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛だよ、愛。

twitter:@twi_ishi

follow us in feedly

トップを伸ばすか、ボトムを拾うか。

http://www.flickr.com/photos/21447632@N00/2461495358

photo by Sushicam

  • トップを伸ばす
  • ボトムを拾う

この2つを両方実現できればいいのかもしれないけれど、
企業のリソースを考えた時に、どちらかしかリソースを避けない局面みたいなものはある。

成長を志向するベンチャーとしてどちらを選択すべきかと考えた時に、
それを検討する際の変数として何があるか今ひとつきちんと理解はできていない。

だが、直感的には、

  • トップを伸ばす

こちらを選択したほうがいい。



評価制度 検討

http://www.flickr.com/photos/91668353@N06/13831666594

photo by MAGIC PASSION * PHOTOGRAPHY *

会社の中で評価制度を作っている。

意識しているキーワードは3つ。

・成長を促す

・期待を明確にする

・”逃げ道”をつくる

です。


給与のグレードを設定し、それぞれに期待を明文化させる。

そうすることによって、”次のステップ”が見えやすくなるので、成長に繋がりやすい。

また、プレイヤーの延長線上にマネジメントがあり、最上グレードがマネジメント

という見え方に結果的になっていたものを、マネジメントの先に、プレイヤーとしての

キャリアを置いた。

この効用としては、マネジメント層がある程度充実してくると、

下の世代が上を目指すというモチベーションが働きにくくなり、

せっかくの優秀な人材が流出する可能性が高まってくる。

でもそれはなるべく避けたい。

そうなると、「キャリアを高めた人に、尊厳を失わないように、マネジメントから

外れていただく」という選択肢を設ける必要がある。

そうなると、キャリアの最上級の位置に”プレイヤー”の役割を置くのである。

プレイヤーとしてのプロフェッショナルだ。

これが、前述した、”逃げ道”


これらを踏まえて制度を設計しているところである。

戒め


キャリアの棚卸しをしないとね。

今年32歳になるいしまきですが、
ここしばらく自分のキャリアの棚卸しをしていないなぁとふと思いました。

就活の時によくやる自己分析と近いかなーと思っています。

・なぜ働くのだろう
・何をしたいのだろう。5年後は?10年後は?20年、30年後は?
・なぜ今のシゴトをしている?本当にそれはやりたいこと?

考えないとなーと思いつつ、気づくと1週間が経ってしまう。
そんな人生でいいんだっけ?
どうやって死にたいんだっけ?
自分の人生いつかは死んでしまうんだなー。とかなんとか思ったり。

だからこそちゃんと振り返った上で前を向いて歩いて行かないと、
気づくと40歳、気づくと50歳と年を取っていくのだなと思う。

キャリアの棚卸し、誰か一緒にしませんかね。
こういうのって、1人でやるのもいいんですけど、複数でやった方が、
新しい発見もありながら整理ができるので、新しい道が開けるんですよね。

そういう意味で、就職活動というのはとてもいいイベントだったな。
だって、同年代の人が一斉に「どうしたいんだっけ?」みたいなことを
一生懸命考えるんだから。素敵なことです。素敵なことだと思っています。

出会い


育てる 育つ


競争優位

 

些細なことが、競争優位となりうる。

些細といっているけど、些細っていうことほど、継続が難しかったりするもんなのよね。

メッセンジャーのオンライン


プロジェクトマネジメントのぼやき。

プロジェクトマネジメントとかタイムマネジメントって難しい。

自分がやる、というのも難しいが、やってもらうというのもこれまた難しい。

 

スケジュールを引いたとして、

先にどんな障壁があるのかを予測して、事前に潰したり、発生ベースで潰したり。

それでなんとか生まれた時間、余剰時間ってやつを有効活用したいと思っていると、

やりきった感を感じている人は、その余剰時間を無駄に浪費してしまいかねない。

だから、浪費する前に、やることを人によってはまた与えないといけない。

 

プロジェクトって、よちよち歩きの赤ちゃんが、

・まっすぐ歩いてくれるように、転ばないように、ぎりぎりのところで手を添えて、

・でも、自力で歩けるようにしたいから、触れはしない程度に手を添える。

みたいな、ギリギリの攻防戦が常にあるイメージ。

 

そんなことしなくても回るような形を最終的には目指していきたいと思うけど、

慣れないことや新しいことにチャレンジし続けていれば、↑のように、

赤ちゃんに手を添える。みたいなことは常にしないといけない。

 

常に気を向ける。気を抜かない。油断しない。チャンスを伺う。がコツかな。