読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛だよ、愛。

twitter:@twi_ishi

follow us in feedly

なんのためにそこにいるのだ という自問自答。

自分はなぜそこにいるのだろう

ここのところ、仕事で壁にぶつかって、それに加えて帰りの時間が遅いとか、人とじっくり会話する時間が取れないなどして体力的、いや、精神的に参りかけているいまここ。

 

去年、意を決して大企業を抜けてベンチャー企業に転身をした。

それはそれは迷いもあったし、悩みも数多くの方に聞いてもらっていた。

とはいっても、迷いや悩みとはいっても、聞いてもらいたいだけで、

同意してほしいだけで、「抜ける」ということはおおよそ決めていた。

 

めちゃくちゃ辞める旨の話をするときは緊張もしたし、

ほんとにこれが正しい選択なのかどうかと自問自答した。

 

でも、後から振り返って「自分は正しい選択をしたのだ!」と胸をはっていいきれる

日々を送ることが自分にとっては正解ではないかと思い、

古巣を離れた。

 

そして転職してから数か月。

新しい環境、これまでとは全く異なる事業ステージ、職種、業務、マネジメント、

 

とってもありがたい環境だなと思う。こんなに自分なんぞに様々なチャンスを

いただけて。ほんとにありがたい。

 

でも、自分の力不足で、その期待に応えきれていない。

毎日、悔しい思いをしながら帰宅する日々。

信頼残高も次第に減っていく恐怖、

周囲からどのように思われているのかという恐怖、

それらが一気に押し寄せるような感覚。

期待してチャンスを頂いても、打席に立ってヒットやホームランを打てなければ、

それは試合=チャンスの登場頻度も減ってくる。

 

こんな時だからこそ、「なんのためにそこにいるのだ」と自分の中で問いたい。

これは間違いなく100%自分が出した結果の中で得た環境であり、

望んで選んだものだ。疑う余地はみじんもない。

そして、大企業の看板を外して、ピンで自分の実力を発揮していきたいと

意気揚々として大きく前進したのだ。

転職先のベンチャーで成果を出さなければ、

「転職した意味が全くない」

と思いながら仕事に取り組んできた。

 

大事なことは今までの自分の「やり方」を根本から疑い、

根本から改善を図っていかなければいけないということ。

初心者のつもりで、きちんとホウレンソウを重ね、取り組んでいくこと。

 

情熱の火だけは決して絶やさないよう、そこだけはブレないように。

 

必ず、這い上がって、信頼される、最高のビジネスマンになろう。

 

これからもよろしくお願いします。